FANDOM


ウィリアム-ジョセフ"B.J."Blazkowicz (ポーランド語発音: [blasˈkɔvitʂ][blasˈkɔvitʂ])1992年のWolfenstein 3D歴代のWolfensteinシリーズの主役である。は、   ポーランド 、 ユダヤ 系アメリカ人スパイでワンマンミッションを専門としている。 そのほか、通常のドイツ軍と戦うことに加えて、彼は、バイオメカニクス技術とオカルトに関する奇妙なナチスの実験に頻繁に遭遇することとなる

スケッチ (2)

ウルフェンシュタイン城潜入時の偽身分証明書

略歴 編集

ブラスコビッチは1911年8月にアメリカでポーランド系アメリカ人の父リップ・ブラスコビッチとユダヤ系アメリカ人母親ゾフィア・ブラスコビッチの間に生まれ、メスキート (テキサス州)近郊で育った。 第二次世界大戦中、ブラスコビッチは第75レンジャー連隊の軍曹になる前に、現在で言う米国戦略事務所のような米国秘密捜査局(OSA)という部署の最高捜査官として派遣され、 ナチス・ドイツの超常現象部(現実で言うアーネンエルベ研究所とトゥーレ協会のような機関)によって行われているカルト的活動の噂を調査するために彼は派遣された。 第二次世界大戦後、彼は祖父の名からとったアーサーという息子を授かります。 彼は最終的に、コマンダーキーンというビデオゲームシリーズからとった、ビリー・ブレイズという偽名を使い頼れる男となる。

ゲームでの描写 編集

ブラスコビッチがWolfensteinシリーズに参入したのは1992年のWolfenstein 3Dからだ。アニメ版Wolfensteinシリーズは部分的には調整されているが2009年版Wolfensteinからプロモートを受け、以後時系列はWolfenstein 3D、スペア・オブ・デスティニー(Wolfensteinシリーズで同じく1992年に発売されたものから、Wolfenstein: The New Order、Wolfenstein: The Old Blood、 Wolfenstein II: The New Colossusまで続いている。

ブラスコビッチが参加するミッションには、ドイツのバイオ化学戦争研究プログラムのリーダーを暗殺し、最終的にWolfenstein 3Dでアドルフ・ヒトラーを殺し、スペア・オブ・デスティニーでは運命の槍を使って死の天使を召喚するナチスの計画を破る。そしてハインリヒ・ヒムラーのハインリヒ1世 (ドイツ王)を復活させる儀式を務めた。彼はここでデスへッドによるサイボーグの軍隊のプランについて知ることとなる。

2009年のWolfensteinでは、彼は復活した第四帝国の強力で強大なエネルギーをブラック・サン・ディメンションと呼ばれる並行世界から奪い返すために戻ってきた。Wolfenstein: The New Orderでは、ブラスコビッチ大尉は1946年に頭を痛め、14年間ポーランドの亡命者に擁護された。 1960年、彼は、ナチスが全世界を征服する直前に植物状態から目を覚まし、彼の宿敵デスヘッドを含むナチスに対する反乱軍であるレジスタンスに加わる。

Wolfensteinのストーリーはは、快活でユーモアにあふれており、様々な時系列で編成されDoomシリーズのプレコートとなっている。