FANDOM


Wolfenstein:Enemy Territory』(ウルフェンシュタイン エネミーテリトリー)はマルチプレイ専用のフリーソフトとしてリリースされたFPSで、「W:ET」と略記される(2007年まではETでもこのゲームを指すことが多かったが、Enemy Territory: Quake Wars』の発表と共に「W:ET」でないと混同するようになった)。

2003年に発表され、Return to Castle Wolfenstein(RtCW)の拡張パックとして開発が進んでいたが、シングルプレイのAI実装が困難を極めたため開発は中止。完成していたマルチプレイ部分だけが無料で公開された。ゲームエンジンにはid SoftwareがQuake III Arenaのために開発し、後の2005年にオープンソース化されたen:id Tech 3が採用されている。2010年8月には全ソースコードがGPLのもと公開された。[1]

RtCWの基本システムとは別に、新システムとしてXPによるスキルシステムを導入、戦闘に変化がもたらされた。それにともない、クラス制にも若干の変化が加えられている。

このゲームは有志によるMOD(改造、追加データ)が多いのが特徴。MAPや武器の追加、ゲームバランスを微調整するものから、ゲーム性そのものを大きく変えてしまうものまで、その種類は非常に多く、中にはキャラクタの外見がスター・ウォーズ風になる、アニメキャラになる、きぐるみになるといったユニークなMODも存在する。またMODとは別に標準とは別の拡張サウンドパックが存在する。 MODを全く導入していない国内サーバは皆無であり、それぞれの特色がある。 そのため、それぞれのサーバーに初めて接続するときに、 不足しているMODファイルをサーバからダウンロードする必要がある。